2010年03月08日

禁じられた避難

証言記録 市民たちの戦争 禁じられた避難〜青森市〜2009年8月12日デジタルBSHi
 太平洋戦争末期、比較的安全と見られていた地方都市にも空襲被害が拡大していた。1945年(昭和)7月14日、空母艦載機100機が青森市を空襲、市内で400人以上が犠牲となった。米軍資料によると、攻撃目標は、操車場、青森港、連絡線桟橋、輸送機関などとされ、石炭輸送に打撃を与え、工業生産を低下させるのが狙いだったことが分かる。
 その結果、身の危険を感じた青森市民の3割が、郊外や田園地帯へと避難したという。 
aomori01.jpg これに対して、県や市は、町を守るべき市民が空襲を恐れ避難したことに危機感を抱いた。青森県知事は7月18日、「家をからっぽにして逃げたり、山中に小屋を建てて出てこないというものがあるそうだが、防空法によって処罰出来るのであるから断乎たる処置をとる」と新聞を通じて警告を発した。 
 青森市も、全員で避難して家が無人になっている場合は、28日までに帰らなければ、配給を停止すると発表した。
 配給を止められると死活問題となるため、多くの市民が帰宅せざるを得なくなった。
 鳴海正子さんも、母親と娘の三人で避難していたが、帰ることにした。当時、中学生だった花田哲子さん方では、子供だけ夜の間避難していたが、それも止めることになった。青森市職員の中には、仙台空襲の体験から、新型焼夷弾の前には消火活動は無力であるから、避難した方がよいと提言する者もいたが実らなかったという。 
 7月27日、米軍は「28日、青森を含む11都市のうち4都市を空襲する」という6万枚の予告ビラを撒き、青森市民に避難を呼びかけた。米軍の資料によると、ビラの目的は、市民を動揺させることにより、戦争の早期終結を目指した心理作戦だったという。(確かに28日の空襲は、14日のものとは明らかに目的が異なっています。つまり、軍需生産に打撃を与えるの目的ではなく、多くの民家を焼き払うことにより、日本国民に厭戦気分を高めようというものです。そのためには、財産を焼失させればよく、命までは奪う必要はなかったといえます。そのために予告ビラを撒いたとも解されますが、それでも、老人や子供など多くの非戦闘員を無差別に殺害することになることは容易に予測できたはずです。このような、無差別爆撃は人道に反するとして、米軍内部にも異論があったようです。) 
 それを読んですぐに避難した人もいたが、米軍の謀略に過ぎないと無視する人もいた。結局、ビラはすぐに回収され、市民の目に触れることは多くはなかったという。 
 翌28日午後9時15分警戒警報発令。正子さんは、母親と娘の三人で地下室に避難。哲子さん方では、父親だけが残るが、他の家族全員で逃げることになった。 
 午後10時37分空襲。62機のB29の大編隊で、それぞれ9トンの新型焼夷弾M-74を搭載していた。このM-74は中に大量の黄燐が仕込まれていた。黄燐は空気に触れると自然発火する性質があり、水をかけると飛散して、乾くとまた燃え出すことにより、被害がさらに拡大するという厄介なものであった。米調査団も、「消防能力を上回った」とその成果を報告している。
 鳴海正子さん一家は、焼夷弾の威力に危険を感じ、1階に上がったところで火に囲まれ、気を失った。正子さんだけは奇跡的に助かったが、母と娘は助からなかった。 
 花田哲子さんは逃げる途中、サーベルを下げた兵隊に行く手を阻まれた。残って火を消せという言うのだ。それを何とか突破して逃げたという。同様の体験をしたという複数の証言があるという。 
 28日の空襲で、青森市街の9割が焼失、1018人が犠牲となったという。空襲から2日後、花田哲子の親戚みんなで行方不明のおじを探したところ、焼け跡から遺体が見つかったという。(ここのところは前半部分と食い違っているようですが、放送ではこうなってます) 

 あと半月で戦争が終わるということが、分かっていたら、そのまま避難を続けたでしょう。鳴海正子さんの残念さが思いやられます。平和のありがたみをつくづく感じました。
 それにしても、偶然の一致でしょうが、28日に期限を設定したのは、まるで空襲を予測したかのようですね。
posted by maro at 01:20| Comment(0) | BS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最大波到達前に多数が帰宅

 群馬大学の片田敏孝教授のグループが、大津波警報が出た岩手県釜石市と、津波警報が出た三重県尾鷲市で、避難所に来た住民の動きを調べたところ、第一波到来から、避難者が減り始め、津波が最大に達した時には激減していたそうです。(2010年3月2日14時27分asahi.comから)
 片田教授は「テレビなどで津波の到達時間や高さはよく見ているが、第2波や第3波の方が大きいことへの警戒ができていない。津波に対する理解をもっと深める必要がある。日本近海で発生する地震津波では時間はない。揺れたらすぐ逃げるなど、自分で判断することが大切だ」と手厳しいですが、実際に発表に問題はなかったのでしょうか。
 以下、時間を追って、NHKのニュースを紹介します。引用(著作権法第32条)としては異例ですが、今回は全文掲載します。

津波の影響 気象庁が会見
2月28日 9時17分
 27日、南米チリの沿岸で起きた巨大地震について、気象庁の関田康雄地震津波監視課長は、28日午前8時半から記者会見し、日本の太平洋沿岸にも高さ1メートルから3メートルの津波が到達すると予想されるとして、まもなく、太平洋沿岸に大津波警報と津波警報を発表する考えを示しました。
 記者会見で関田課長は「きのうの地震によって日本の太平洋沿岸では1メートルから高いところで3メートルのかなり高い津波が予想される。まもなく、太平洋沿岸に津波警報を出すことにしているが、このうち青森県から宮城県の太平洋沿岸に大津波警報を出す予定だ」と述べました。そのうえで関田課長は「津波の高さは沿岸の地形などによっては予想の2倍以上になることもある。また、津波は第2波以降の方が大きくなることがある。大津波警報や津波警報が出たら、高台に避難をするとともに、絶対に海岸には近づかないでほしい」と述べました。
各地の津波到達予想時刻
2月28日 10時23分
 気象庁によりますと、大津波警報と津波警報が出た沿岸の津波の到達予想時刻は次のとおりです。最も早いのは▽北海道の太平洋沿岸東部と小笠原諸島で、午後1時と予想されています。▽次いで、北海道の太平洋沿岸中部と青森県の太平洋沿岸、岩手県、宮城県、茨城県、千葉県の九十九里・外房、伊豆諸島が午後1時半。▽北海道の太平洋沿岸西部と福島県、千葉県内房、相模湾・三浦半島、それに静岡県が午後2時。▽青森県の日本海沿岸と東京湾内湾、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島、沖縄県の大東島地方が午後2時半。▽伊勢湾・三河湾と、愛媛県宇和海沿岸、大分県豊後水道沿岸、宮崎県、鹿児島県東部、沖縄本島地方が午後3時。▽淡路島南部、鹿児島県西部、沖縄県の宮古島・八重山地方が午後3時半。▽大分県瀬戸内海沿岸が午後4時。▽有明海・八代海が午後5時。▽岡山県が午後6時と予想されています。気象庁は、大津波警報と津波警報が出ている沿岸では海岸や川の河口付近には近づかず、安全な高台に避難するよう呼びかけています。
 また津波注意報が出た沿岸の津波の到達予想時刻は▽北海道のオホーツク海沿岸が午後1時半。▽青森県の陸奥湾が午後3時半。▽大阪府と兵庫県の瀬戸内海沿岸、愛媛県の瀬戸内海沿岸が午後4時。▽山口県の瀬戸内海沿岸が午後4時半。▽北海道の日本海沿岸南部と香川県、長崎県西方、熊本県の天草灘沿岸が午後5時。▽広島県が午後5時半。▽福岡県の瀬戸内海沿岸が午後8時。▽福岡県の日本海沿岸が午後9時半となっています。津波の到達予想時刻はあくまでも目安で、実際にはこれよりも早く到達することがあります。気象庁は津波注意報が出ている地域では海岸に近づかないよう呼びかけています。
“津波 周期長くなる可能性”
2月28日 11時12分
 今回の大津波警報について、東京大学の阿部勝征名誉教授は、「今回、チリで起きた地震は、断層が広い範囲で動いたマグニチュードが8を超える巨大地震だったため、津波は周期が長くなる可能性がある。50年前の昭和35年のチリ地震津波の際には、一度波が押し寄せてから次の波が来るまでの間が最大で1時間かかった。今回も、一度波が押し寄せたあと、次の波が来るまでの時間がかなり長い可能性があるので、波がいったん引いても、油断しないで、警戒を続けてほしい」と話しています。また、「遠くで起きた地震による津波は、湾の中では波が増幅する「共振」とよばれる現象が起きて、局地的に波が高くなる可能性があるので、警戒してほしい」と話しています。
気象庁会見 数時間解除できず
2月28日 18時2分
 各地で観測されている津波について、気象庁の関田康雄地震津波監視課長は28日夕方に記者会見し、「今回の一連の津波は、第1波よりも、あとから到達する波の方が大きくなる傾向がある。東日本や西日本では津波がまだ大きくなるおそれがあり、今後も数時間は警報を解除できる状況ではない」と述べました。そのうえで、関田課長は「避難をしている方々には不便をおかけしているが、警報や注意報が解除されるまでは警戒を続け、海岸には近づかないでほしい」と述べました。
津波 波の高さ以外にも注意点
3月2日 23時31分
 南米チリの沿岸で起きた巨大地震で、日本の港や陸地に押し寄せた津波の映像から、局地的に流れの速さが変化している様子を専門家が分析しました。専門家は、津波は高さだけでなく、流れの速さや強さにも警戒が必要だと指摘しています。
 津波の研究を専門とする東北大学の首藤伸夫名誉教授は、先月28日に東北地方の沿岸などで撮影された津波の映像を分析しました。首藤名誉教授によりますと、岩手県の久慈港などでは、押し寄せた津波は、港の入り口にある防波堤の先端を回り込んだところで急激に流れが速くなっていました。近くに漁船などがあった場合は、流される危険性があるということです。また、宮城県気仙沼市の魚市場の付近では、陸地に流れ込んだ津波が局所的に跳ね上がる「跳水」と呼ばれる現象が確認されました。「跳水」は、下り坂などで水の流れが速いところと、やや速度が落ちる平らな場所との境目で起きるということです。「跳水」の周辺では、流れの速さや向きが急に変わることが多く、人が歩いていれば流されるおそれがあるということです。首藤名誉教授は「昭和58年に起きた日本海中部地震の津波の際も、水の深さがひざ下までしかないのに、流されて亡くなった人がいた。津波は高さばかりでなく、流れの速さや強さにも警戒が必要で、高さ数十センチ程度だから大丈夫と思わず、避難することが大切だ」と話しています。
posted by maro at 01:18| Comment(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ避難しなかったのか?

ためしてガッテン2009年08月26日放送地震!台風!集中豪雨 災害で死なない新技術

 「過去幾度となく、大地震・大津波に見舞われてきた東北・三陸海岸の複数の町を取材。そこで浮き彫りになったのは、意外な事実!!危険を告げるテレビの速報や自治体による避難勧告等の防災情報に接した地域の住民が、その呼びかけに応じて避難などの安全行動をとることは実はほとんどないのです。」

naze01.jpg
naze02.jpg
 2006年11月15日、「千島列島沖でマグニチュード7.9の地震が発生。東北地方の太平洋側を津波が襲う危険がありました。岩手県の釜石市は、海岸付近の住民に対して「避難指示」を発令!(※避難勧告よりも強く避難を促すもの)」

naze03.jpg
naze04.jpg 「ところが、実際に逃げた住民はたった9%の世帯にとどまりました。」

naze05.jpg
 「その理由は、津波注意報の場合は、予想される波の高さは50センチ程度ということだったから」

naze06.jpg
 「しかし、実験によると、50センチの波でも、足をすくわれたと思ったらあっという間に流されました」と危険性を訴えています。
 確かに、津波が来ると分かっているのに海に入っていれば危険でしょう。
 津波到達予想時刻に海岸でサーフィンをするのは自殺行為です。(2010年3月1日01時51分読売新聞より)
 しかし、津波到達予想時刻には自宅にいて警戒しているのが普通です。それでも危険なのでしょうか。
 四日市市防災情報によると、「津波の高さが1mを超えると、木造家屋は部分破壊を起こします。2mを超えると全面破壊です。石造家屋でも津波の高さが8mを超えると、また鉄筋コンクリート建物でも16mを超えると全面破壊をおこします。」ということです。
 一方、気象庁の説明によると、「津波注意報:津波の有無及び程度について一般の注意を喚起するために行う予報。備考:高いところで0.5m程度の津波が予想される場合に、該当する津波予報区に対して発表する。津波が原因で、海岸付近の低い土地に浸水することにより災害が起こるおそれのある場合は、浸水注意報を津波注意報として行う。」とあります。
 以上を前提とするなら、津波注意報の段階ならば、自宅に待機して警戒するという選択はありえるのであり、「ところが、実際に逃げた住民はたった9%の世帯にとどまりました。」というのは、さほど驚くほどの数値ではないように思われます。
 むしろ、「『津波警報で避難勧告』『大津波警報で避難指示』という基準を設けていた自治体が多い。」(2010年3月1日01時51分読売新聞より) という現状からは、津波注意報で避難指示を出したというのは、やや過剰な対応ではなかったかと言う気がします。
 もっとも、今回のように大津波警報(高いところで3m程度以上の津波が予想される)が出た場合には、平地にある木造家屋なら 自宅にいても、必ずしも安心とはいえないので、避難したほうがよい場合もあるでしょう。もちろん、地形からいって全く危険のない場合もあるかもしれませんが……。
 その意味では、「36市町村の34万人のうち、行政が実際に避難所などで確認できたのは、6・2%にあたる2万1000人。」というのは、「自宅にとどまった人のほかに、日曜日ということもあって、買い物やレジャーなどで沿岸部を離れた人も少なくないとみられている。」(2010年3月1日01時51分読売新聞より)としても、やや少ないかなとは思います。
posted by maro at 01:16| Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。