手相占いは当たるの?(3)

所さんの目がテン2009年12月12日手相占い当たるか実験

感情線は、くっきりはっきりしているのが、感情豊かという。
小指と薬指を曲げると感情線にしわがよる。また、小指と薬指は独立して動かしづらい。
そこで、小指と薬指を自在に操れる人は感情線が発達してるのではないかと、調べてみると、プロバイオリニストの感情線は、くっきりはっきりしている。
プロマジシャンの感情線は、くっきりはっきりしている上に横一直線に突き抜けていた。
以上から、小指と薬指を操ると感情線が発達することが分かった。
手相占いが生まれたとされる5000年前のインドでは、音楽家や芸術家が少なく、その人たちに発達していたしわなので感情線と呼ばれたのではないか、と番組は推測する。
所さん「科学とは程遠いものだと思ったけどそうでもないね」
手相占いが生まれた5000年前には、科学的根拠に基づいた正しい占いだったのではないか、と番組は推測する。 
ただ、現代社会においては、全てが当てはまるわけではない。(番組の判断)
手相占いの先生「本来はもっと細かく見るんです。色、つや、体温など総合的に判断するんです」 
手相占いは、確かに科学的根拠を突き詰めると苦しい面はありますが、他の占いのように、「先祖の祟り」とか「地獄に落ちる」とか、脅すのではないのですから、幅広い意味での娯楽のひとつとして楽しめばよいのではないでしょうか。
posted by maro at 10:35| Comment(0) | 所さんの目がテン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手相占いは当たるの?(2)

所さんの目がテン2009年12月12日手相占い当たるか実験

知能線は、濃くてはっきりしているのが、頭脳明晰という。
そこで、東大生と体育大生の手相のコピーを集めた。
それぞれ15枚ずつ集め、それをごちゃ混ぜにして、手相占いの先生に、良い知能線の15枚を選んでもらった。
すると、選んだ15枚のうち東大生は4人だった。
そこで、次はサルの知能線を調べてみた。まず、エリマキキツネザルには知能線はなかった。次に、もう少し賢いノドジロオマキザルを調べてみると、知能線がはっきり認められた。さらに賢いチンパンジーには、知能線が2本も認められた。
つまり、サルの知能があがるほど、知能線が発達しているという「驚愕の事実」が発見された。
親指とひとさし指、中指を交互にくっつけてみると、知能線にしわがよるのが分かる。そして、手先が器用なほど知能が発達しているため、このようなしわを知能線と呼ぶようになったのではないか、と番組は推測する。
所さん「一概に非科学的なものではないことが分かるね」(スタジオに笑い声) 
運動能力に優れている体育大生は手先が器用→知能線が発達している
ということは、体育大生の方が頭脳明晰?
次回は、感情線です
posted by maro at 00:34| Comment(0) | 所さんの目がテン! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。