2010年03月28日

虫歯は削らなくちゃダメ?(3)

2008年08月27日放送「ためしてガッテン」常識逆転!自宅で虫歯を治す法http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20080827
2008年11月05日放送「ためしてガッテン」?にお答えします 〜目・むし歯〜http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20081105

 ある患者のむし歯の写真(左)を、無作為に選んだ10人の歯医者さんに見せると、5人は「削る」、5人は「すぐには削らない」。意見は真っ二つにわかれた。実はこの写真(左)は、5年前にある歯医者さんが削らないと治療方針を決めたむし歯のものだった。現在の状態(右)と比較すると、むし歯はほとんど進行していない。結果的には、「削らない」が正解だったことになる。 (もちろん、これは結果論であって、類似したケースでは異なった結果になったかもしれません。ただ、患者としては、再石灰化という素晴らしい能力のある生きた歯はなるべく削らないで欲しいですね。それにしても、NHKさんやりますね。……筆者コメント。なお、今回は、引用としては異例ですが、吹き出しの部分を合成するため、オリジナルの画像に加工を施しています)

歯科医A 削る 

歯科医B 削る 

歯科医C 削る 

歯科医D すぐには削らない 

歯科医E すぐには削らない 

歯科医F すぐには削らない (「抗生物質つけてプラスチックで密閉する」というのは、3Mix-MP法ですかね……筆者コメント)

歯科医G 削る 

歯科医H 削る 

歯科医I すぐには削らない 

歯科医J すぐには削らない
 

 田上順次さん(東京医科歯科大学歯学部長)は、「(番組で紹介した)症例を見て頂いても分かるように、進行しないようにすることはできます。昔なら削って治療するのが普通でした。しかし今は、状態を見ただけで、削る削らないと決めることはできない、そういう風に、(学生たちに)教えています。」と話す。そして、その判断は、患者の“性格による”とも言えるという。すなわち、歯が磨けているかどうか、他の歯はどうか、間食は多いか、通院してくれるかどうか、などによるという。
 さらに、「唾液の量と質」について調べることも大事だという。唾液の量は、加齢にによってではなく、主に服用する薬によって減少すると、現在ではいわれているそうだ。唾液の質(酸の中和能力など)はホルモンバランスによっても影響を受けるという。ただ、唾液の検査は保険適用されてないそうだ。
 二次う蝕の危険性、ラバーダム防湿やう蝕検知液の有効性、コンポジットレジンの性能など、歯科治療の問題は、さまざまあるようなので、次回にまとめて紹介したいと思います。
posted by maro at 17:15| Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。