2010年03月27日

虫歯は削らなくちゃダメ?(2)

2008年08月27日放送「ためしてガッテン」常識逆転!自宅で虫歯を治す法http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20080827
2008年11月05日放送「ためしてガッテン」?にお答えします 〜目・むし歯〜http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20081105


 虫歯菌が食べかすを分解して出す酸が、歯を溶かすのが虫歯のメカニズムならば、酸性の飲食物によっても同じ現象が起きることになる。そのような虫歯を「酸蝕歯(さんしょくし)」だと言いう。酢をウシの歯の表面に垂らして観察すると、1時間後には、歯の表面のエナメル質が溶けて内部の組織が見えた。

 市販されている110種類の飲み物の酸性度(pH)を調べたところ、栄養ドリンクは2.5、スポーツドリンクは3.8、ビールは4.6、ワインは3.3。なんと、今回調べた飲み物のほとんどが酸性だった。アルカリ性の牛乳にも乳糖が含まれているため、それが虫歯の原因になる。結局、大丈夫なのは、水、お茶、無糖コーヒーぐらいということになる。(寝酒は禁物でしょうね)。

 ただ、唾液は酸を中和する能力もある。歯にセンサーをつけて、ジュースを口に含んで見ると、口の中は一気に酸性となる。しかし、唾液の力で、奥歯は数秒で中性に戻る。しかし、前歯の部分は、なかなか元に戻らない。

 そこで、唾液を十分に口の中に行き渡らせると、前歯の部分も危険領域を脱するようになる。唾液腺は、下あごの奥にもある。指でその部分を押してみると、唾液が分泌されるのが分かる。(寝酒をしても、下あごの奥を指で揉んで、たっぷり唾液を貯めて、口の中に行き渡らせると、効果があるかも知れませんね)

 2008年08月27日放送「ためしてガッテン常識逆転!自宅で虫歯を治す法」では、「虫歯は削らなくてよい」という歯医者さんが登場して話題となりました。

 番組ホームページでも、紹介されていますが。次回は、その詳細を紹介します。
posted by maro at 14:30| Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。