2010年03月26日

虫歯は削らなくちゃダメ?(1)

2008年08月27日放送「ためしてガッテン」常識逆転!自宅で虫歯を治す法http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20080827
2008年11月05日放送「ためしてガッテン」?にお答えします 〜目・むし歯〜http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20081105


 隠れ虫歯の部分は、周りの部分よりも白く見えるため「ホワイトスポット」と呼ばれる。中をくりぬいて光を当てると、中が空洞になっているのが分かる。虫歯は歯の表面ではなく、中にできるのだ。隠れ虫歯が白く見える理由は、氷の中に気泡があると白く見えるのと同じで、本来は半透明のエナメル質の中に小さな穴がたくさんできていたからだ。

 歯の表面のエナメル質は、小さな“柱”が集まった構造をしている。この柱と柱のスキマから、細菌が出す酸がしみこみ、中が先に溶けていく。

 こうしてまず内部にスカスカ状態の部分が広がり、その後、何かのきっかけで表面が崩れ落ちて、いわゆる「虫歯の穴」ができる。しかし、表面が崩落する前の「隠れ虫歯」は、治すことができる。

 隠れ虫歯を治すのは「だ液」のパワー。カルシウムが溶け出してしまった歯に、「だ液」がカルシウムを供給して元に戻すのだ。この現象は「再石灰化」と呼ばれる。

 食事の後の30分間は、虫歯菌が酸を作り出すため、「歯が溶ける」時間帯(赤い部分)。その後、だ液が酸を中和して、「歯を治す」時間(青い部分)が始まる。わたしたちは毎日、食事のたびに、歯を溶かし続けている。しかし同時に「だ液」が歯を治し続けている。しかし、頻繁に間食を続けると、修復の余裕がなくなる。たとえ、ジュース一杯でも、確実に歯が溶かされていく。
 ?十年生きてきて、この番組で、初めて「再石灰化」という言葉を知りました。そして、虫歯のメカニズムが分かりました。それ以来、間食をぴたりと止めました。今残っている歯を墓場まで持って行きたいですから……
 次回は、良い歯医者さんの見分け方の話です。
posted by maro at 22:58| Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。