2010年03月18日

津波の脅威の実像は?(3)

ファイル2 プロローグ 
 
都市を襲う津波の危険は「縮流」と「漂流物」にあると警告する  
ファイル4 バンダアチェの記録。高知市のシュミレーション 

日本の太平洋岸を津波が襲った場合の想定図(東京、大阪、名古屋の大都市は半島に囲まれた入り江になっているので直撃を受けない様子が分かる)それに対して、2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震と大津波によって甚大な被害を受けたバンダアチェは、津波に直撃された様子が分かる  

バンダアチェでは海岸線から3キロでは、ほとんどの建物が全壊、4.2キロでも高さ1メートルの津波が遡上した

建物にはさまれた道路が水路のようになり、路地からの水流も集まり「縮流」となる。高知市のシュミレーションでは、道路を伝って津波が広がり、また、川を遡上してさらに広がると予測されている。緑の部分が浸水し、ピンクの部分では最大2メートルとなる  
ファイル6 過去の発生周期からの予測300年、そろそろ、来そうだという 

最近の大津波は、1707年に起こった。それから、300年が経過、そろそろ大津波に襲われそうという  
ファイル8 発生する間隔が長いから、対策が難しい。1960年チリ沖地震津波の体験談。高知市のシュミレーション 

高知市のシュミレーション では、建物がコンクリートでしっかりしており、道路も広くアスファルトなので、津波がそれを伝って予想以上に広がるのではないかと予測される  
ファイル10 大阪の被害想定。分岐断層 

大阪を襲う津波の予想図。高さ2メートルと推定されている。  

地下鉄も浸水する危険がある。タンカーが座礁し火災が発生する可能性もある  

分岐断層というものがあり、それによって津波が増大するのではないか、という  
ファイル12 エピローグ 
 都市を襲う津波は、強固な建物にはさまれた道路を伝って、予想以上に遡上する、というのが、最大の問題のようです。ただ、重力に逆らって遡上する水流は、かなりパワーが減殺され、もはや、建物を破壊するほどの威力はないのではないでしょうか。バンダアチェの映像でも4.2キロの地点では、建物は無事なようです。ということは、海岸線から、それぐらい離れていれば、しっかりした建造物の2階以上に居れば、まず安全といえるのではないでしょうか。
posted by maro at 23:06| Comment(0) | HNKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。