2010年03月08日

意外!加齢臭の真実

ためしてガッテン2009年01月28日放送 お風呂大変身!超快感・安全入浴術

igai01.jpg
igai02.jpg
 家族から臭いといわれお父さんはツライ。

igai03.jpg
 加齢臭は、皮膚を覆う皮脂の一種が原因とされています。皮脂がどこから出ているのか詳しく調べた結果、胸と背中の中心付近から特に多く出ていることが分かりました。しかし皮脂には、肌を乾燥から守るという大事な働きもあるため、取りすぎてもよくないのです。

igai04.jpg
 野々村真さん、顔をしかめて、ビンに入ったノネナールに鼻を近づけ、「ああ、これこれ」(臭いといっている訳ではない)

igai05.jpg
 左隣に座っている山本陽子さん。いきなり顔をそむけて「ああ、もう臭ってきている。なんかカメムシみたいな匂いがする」(嗅いでみた訳ではない)
 右隣に座っている山瀬まみさん、「ああ、なんか来てる」(嗅いでみた訳ではない)
 加齢臭の直接の原因は、皮脂が古くなって酸化したり微生物に分解されることで出るノネナールという物質です。皮脂そのものからではなく、皮脂が古くなることでにおいが発生するのです。

igai06.jpg
 加齢臭の簡単撃退法は、わずか1分のシャワーを朝に浴びることです。体をこすって洗う必要はなく、胸と背中に30秒ずつただ湯をあてるだけです。これだけでも、古い皮脂がきちんと減ることが、実験によって確かめられました。
posted by maro at 00:34| Comment(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。