2010年03月21日

親知らずは役立たずなの?(2)


 かねてから、歯科医の間では、虫歯で抜いた歯の後に親知らずを移植することが出来ることが知られていた。 しかし、移植には抜いてすぐの親知らずしか使えないという問題があった。

 広島大学の河田俊嗣さんは2004年、親知らずの冷凍保存に成功した。移植には歯の周囲の細胞が生きていることが必要だ。河田俊嗣さんは、細胞を生かしたまま、急速に冷凍する技術に成功した。この技術により、将来歯を失ったとき、冷凍保存して置いた親知らずを移植することが可能となった。

 日本人の親知らずが、アフリカで人の命を救ったことがある。2000年アフリカ各地で問題となった奇病があった。病気の名前は、ブルーリー潰瘍。皮膚がただれ、そこから病原菌が入ると死に至ることもある。有効な治療法は皮膚移植だが、本人の皮膚は病原菌に侵されているために、移植することが難しく、他人の皮膚では拒絶反応が問題となる。
 そのころ、名古屋大学の上田実教授は、親知らずから皮膚を培養することに成功していた。親知らずに付着している粘膜に培養された皮膚は、誰に対しても拒絶反応が少ないという特徴があった。

 2001年、上田実教授らは、日本人の親知らずから、培養された皮膚をもってアフリカに渡り、治療を開始した。6か月後、皮膚は見事に定着、治療は成功した。この治療は現地の医師に引き継がれ、現在も行われている。

 「親知らずは、かつては邪魔者だったんです。口腔内に炎症を起こしたり、歯のゆがみを作ったりするものだったんです。今は、宝の山になっているんです」と、上田さんは語る。さらに、「歯の歯髄の内部に非常に強力な細胞があるんです。それを使って、神経だとか骨だとか作れるようになっているんです。将来、さまざまの治療に役立てることが出来るかもしれません。現に炎症を起こしているときなどは別として、特に問題がなければ、親知らずは大事においとかれたほうがいいと思います」と提案する。
 以上、読めば、なぜ、「親知らずを抜くことを断固拒否」したか、お分かりいただけたかと思います。
 因みに、親知らずの移植に興味があったので、調べてみると、一般の開業医でも手がけている人がいて、保険も利くようです(親知らずの抜歯と移植とを同時に行うことが、条件のようですが、通常は同時に行うでしょうね)。インプラントは保険が利かないし、異物を挿入するのですから、やはり、自分の歯を移植する方が安心なように思います。
 特に、問題がなければ、大事に残しておくべきでしょう。冷凍保存するより、ずっと安上がりですから。
 歯の冷凍保存については、こちらに情報が載ってました。Dental News
 ところで、NHKの「解体新ショー」のホームページは閉鎖されたんですかね。いろいろ面白い情報が載っていたので、ぜひ再開して欲しいです。
posted by maro at 16:00| Comment(0) | 解体新ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。