2010年03月10日

金縛りはどうして起こるの?

解体新ショー「金縛りはどうして起こるの?」2007年7月21日


睡眠を研究している福田一彦教授(福島大学共生システム理工学類)は「金縛りは、生理学的に100%説明できるし、実験室で再現することも可能です」と話す

通常、睡眠は、深い眠り(夢を見ないノンレム睡眠)から始まり、浅い眠り(夢を見るレム睡眠)へと移り、一晩でそれを何度か繰り返す

その深い眠りから、浅い眠りに入った瞬間、夢を見る前に割って入る。つまり、起こしてしまう。これを繰り返すと、眠りのリズムが乱れ、眠ったらすぐに夢を見るようになる
kana04.jpg
そうすると金縛りが置きやすくなるという。そして2時間後、金縛りが確認された

本人は「この部屋でした。全部見えました」という。しかし、画面では、その瞬間は目を閉じていたのが確認されている

実は、金縛りの時は、夢を見ていたのだという。眠る前に見た部屋の光景が、夢になって現れたのだという。眠ってすぐ見る夢、それを本人はまだ、起きていると錯覚している状態、それが金縛りだという

不規則な生活をおくっている人ほどなりやすく、かつてヨーロッパでは「看護師の麻痺」と呼ばれていたこともあるという。普通の人で4割が経験しているのに対し、看護師では、それが6割に上るという

金縛りというと「押さえつけられている」というイメージがある。東北地方でも、昔から座敷童子が、体をつかんで動けなくさせるという言い伝えがあるという

また、カナダのニューファンドランド島には、深夜に魔女が胸を押さえつけるという伝説があるし、ヨーロッパでも、夜中に悪魔が体の上に乗っかるという言い伝えがあるという

これらに共通しているのは、何かに圧迫され身動きできないという状態である

実験では、脳波だけではなく、筋肉の動きも調べてみた。すると金縛りにあっていたときは、筋肉は全く動いていなかった。そのため身動きが取れないと思うのだという

さらに、呼吸も動きが少なく、リズムも不安定だった。だから息苦しく感じるという

つまり、実際に体が動かなくて、息苦しい状態にある

そして、その状態を説明するために、脳はさまざまの夢を作り出す。すなわち、金縛りのお化けの正体は、脳が不自然な体の状態を説明するために作り出した幻なのだという

 金縛りについては、「脳は目覚めているが、体は眠っているから、動こうとしても動けないのだ」と、よく言われます。しかし、本当に脳が目覚めていて、座敷童子や魔女を見たのであれば、まさに超常現象ですね。
 その点、金縛りの時は、脳も、体も眠っているとするなら、納得できます。
 ただ、「眠る前に見た部屋の光景が、夢になって現れた」「眠ってすぐ見る夢、それを本人はまだ、起きていると錯覚している状態」以外にも、金縛りが起きる可能性はないのでしょうか。
 「起きてすぐ眼にした部屋の光景を夢の中でも見ていた」と思い込むこともあるのではないでしょうか。まあ素人考えですが……
posted by maro at 09:48| Comment(0) | 解体新ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。